入れ歯

tel_sp.png

合わない、噛めない、痛い、壊れたなど、
義歯(入れ歯)についての悩みはそれぞれにあると思います。
一度、ご来院してご相談ください。
それぞれのお悩みに合った解決方法を提案させて頂きます。

入れ歯についてこんな悩みがある方はご相談ください。

  • 合わない
  • 噛みづらい
  • 使用している時に痛い
  • 壊れている
  • 金属のバネが見えて気になる

入れ歯についての悩みはそれぞれあると思います。もし今使われている入れ歯が満足のいく使い心地でなければ遠慮なくご相談ください。その方のお悩みに合った解決方法を提案させて頂きます。

入れ歯の種類

部分入れ歯について

歯を部分的に失ってしまった方には部分入れ歯という方法があります。取り外しが可能な人工の義歯のことで1本歯を失ったケースから1本だけ歯が残ったケースまで対応できます。部分入れ歯の構成は歯の代わりになる人工歯、粘膜の上に乗せる義歯床、残された歯に固定するためのクラスプという留め具でできています。

保険の部分入れ歯

健常な歯に金属製のバネをかけ留める仕様です。

メリット

  • 安価
  • 型をとって短期間で作ることができる

デメリット

  • バネが見えるので目立つ
  • バネが歪んでしまう場合がある
  • 調整するのに何度も通わなければいけない

自費の部分入れ歯

ノンクラスプデンチャー

歯に固定するためのバネを使わず、装着できます。

メリット

  • 金属製のバネを使用しないので目立たずキレイ
  • 柔らかく軽いため着用した感じが良い
  • 食べ物が挟まりづらい
  • 隣り合った歯を削る必要がない

デメリット

  • 保険適用されないので費用が高い

総入れ歯について

歯を全て失ってしまった場合、総入れ歯という治療法があります。
総入れ歯は固定させる部分がないので、まるで吸盤のように歯茎に吸着させて使います。
そのため総入れ歯の形は、口の中ほぼ全てを被うようになっています。

保険の総入れ歯

プラスチック製で、若干厚みがある仕様です。

メリット

  • 安価
  • 割れても修理しやすい
  • 短時間で製作できる

デメリット

  • 熱が伝わりづらい素材なので、食べる際に温度を感じにくい
  • 厚みが理由で、口の中の違和感がある
  • 歯が折れたり割れたりしやすい

自費の総入れ歯

コンフォートデンチャー

コンフォートデンチャーとは、歯茎に触れる部分が生体用シリコーン素材で作られている、新技術の入れ歯です。

メリット

  • 生体用シリコーンがクッションとなって痛みを感じづらい
  • 吸着性があるため取れにくい
  • 食べ物が噛みやすい
  • 劣化しづらい

デメリット

  • 保険適用されないので費用が高い
  • 調整するために期間が必要

金属床をご紹介します。

コバルトクロム床

金属アレルギーのリスクが軽減されている素材です。
金属床は丈夫な素材で出来ているため、保険適用の床に比べて1/3の薄さで作製することができ、熱伝導や耐久性が高いのが特徴です。患者さんからは熱が伝わりやすいので食事も美味しくできるとか、付け心地もよくて以前より会話もしやすくなったと、お声をいただいております。

メリット

  • 強度がある
  • 床が薄く軽い
  • 違和感なく装着できる
  • 金属アレルギーのリスクが少ない

デメリット

  • 保険適用されないので費用が高い

※費用などは設計によって変わりますのでご相談ください。

院長ブログ歯医者ガイド問診表
診療時間 月~金 9:30~1300 14:30~1930 土 9:30~14:00 休診日 日・祝