歯ぎしり

tel_sp.png

ストレスや噛み合わせが原因で、
ご自身も知らない歯ぎしりを引き起こしている可能性があります。

歯ぎしりとは

歯ぎしりとは、「グッ」と食いしばったり、上下の歯を「ギリッ、ギリッ」とすり合わせたりする動作の事を言います。

歯ぎしりがもたらす影響

  • 肩こりや頭痛等の症状を引き起こすことがあります。
  • 歯ぎしりやくいしばりによって、セラミック等の修復物が割れることがあります。
  • 歯ぎしりによって、歯が破損して知覚過敏や噛んだ時に痛みを伴うことがあります。
  • 強い力で歯を食いしばるので、顎に負担がかかり顎関節症を引き起こすことがあります。
  • 歯周組織に負担がかかるため炎症性破壊が起こり、歯周病が進行しやすくなります。

歯ぎしりの3つの動作形態

グラインディング

上下の歯をすり合わせる運動(臼磨運動)のことをいいます。ギシギシと音を立て、咬頭に異常な力が働くので、歯質の崩壊を引き起こしやすいです。
睡眠時に多く、一般に呼ばれる「歯ぎしり」はグラインディングを指すことが多いです。

クレンチング

上下の歯を強く噛み合わせる(食いしばる)動作をいいます。

タッピング

上下の歯を動的にカチカチと噛み合わせる動作をいいます。

歯ぎしりの治療法

歯ぎしりへの対策は、歯型を取りマウスピース(ナイトガード)を製作して、それを睡眠時に装着してもらいます(場合によっては、食事の時以外の昼間に装着してもらうこともあります)。これにより、歯ぎしりによって歯にかかる負担を軽減させることができます。

院長ブログ歯医者ガイド問診表
診療時間 月~金 9:30~1300 14:30~1930 土 9:30~14:00 休診日 日・祝